新着情報&お知らせ

(10/16) 「京都移住茶論in東京 #1」を開催します!!

2016.09.27

イベント

<申込みはコチラから> ⇒ http://peatix.com/event/200453

 

いつかは京都で暮らしたい。

でも、何から始めていいか分からず日々が過ぎていませんか?

京都移住茶論in東京は“いますぐ”移り住まなくても、

首都圏に住まう京都が好きな人、京都にゆかりがある人

が集まり京都と繋がりをもち“いつか”の未来を考えるイベント。

とにかく京都が好き。もっと深く知りたい。

首都圏にいても関わりをもっていたい。そんな想いを共有できる場であったり、

京都出身ではないけど住んでみたい人や、出身で地元に帰りたい人が

「移住するための準備」というテーマを深められる場所であったり。

京都を愛する人たちが「京都と繋がる時間と仲間」を見つけることができる場です。

 

第1回目は、仕事・暮らし・育児の3つの観点から、東京と京都の違いにふれます。

実際にふたつの街で仕事・暮らし・育児を経験したゲストを迎え、

ケーススタディや交流を通じて、京都のリアルを知る時間をつくります。

京都出身の方はもちろん。

京都にゆかりがある人たちとのつながりに興味がある方もぜひご参加ください。

 

 

▼イベント詳細

日時:10月16日(日)13時30分〜16時30分(受付開始13時15分~)

会場:SHIBAURA HOUSE 住所:東京都港区芝浦3-15-4 アクセス:JR 田町駅芝浦口より徒歩7分 都営三田線・浅草線三田駅A4出口より徒歩10分 http://www.shibaurahouse.jp/about/access_contact

参加費:2,000円(パン・コーヒー付) 定員50名

 

▼ゲスト講師①

入谷佐知 認定NPO法人D×P(ディーピー)広報・ファンドレイジング部 部長

【プロフィール】 大学卒業後、東京のブランド経営コンサルタントの師匠の下で、企業やNPOのブランド戦略・広報戦略提案プロジェクトや調査案件を経験。2011年3月に第一子出産。2012年3月に京都に移住(仕事は変えず、1年4か月ほど遠隔で仕事を続ける)2013年9月より、通信・定時制高校に通う高校生を支援する大阪のNPO法人D×P(ディーピー)で資金調達やマーケティング・広報を担う。

 

▼ゲスト講師②

松田明日香 株式会社坂ノ途中

【プロフィール】 1989年、大阪生まれ。立命館大学卒業後、就職を機に東京へ。人材系企業にて転職サイトの商品企画やサイト改善などに従事。仕事そのものや働く環境には満足していたものの、将来自分がどういう生活をしていたいかを考えた結果、2016年1月に京都へJターン。現在は株式会社坂ノ途中にて、野菜や農業に興味をもつ人を増やすために、EC販促やイベント企画、外部企業との連携などを行っている。

 

▼司会・進行

田村篤史 京都移住計画代表(株式会社ツナグム代表取締役) http://kyoto-iju.com/

【プロフィール】 1984年京都生まれ。立命館大学在学中、APUへ交換留学、NPO出資のカフェ経営に携わる。その後休学しPRや企画を行うベンチャーにて経験を積み、卒業後は海外放浪の末、東京の人材系企業に就職。会社員の傍らシェアハウス運営なども行う。2012年4月に退職。京都へUターンし「京都移住計画」という移住促進のプロジェクトを中心に、町家活用や商店街活性といった地域に関わる仕事や、大学と連携したキャリアデザインやPBLなどの授業も行う。「人と人、人と場のつながりを紡ぐ」をミッションに、2015年3月に株式会社ツナグムを起業。

 

▼タイムテーブル:

13:30〜チェックイン・京都移住計画のお話

13:50〜トーク「京都移住のススメ」

14:00〜ゲストトーク「”仕事・暮らし・育児”でみる東京と京都の違い」

15:00〜ワークショップ

15:30~交流会(京都でしか買えないご当地パンと、コーヒーをご提供。お茶菓子などで少し懇親の時間をとります)

16:30 終了

※タイムテーブルは予告なく変更となる可能性があります。

_________________________________________________

企画・運営:株式会社ツナグム・京都移住計画@東京からできること会議 共催:京都市

ページの先頭へ