新着情報&お知らせ

<レポート>(10/28)「まいまい京都×京都移住計画まち歩き@京都駅」を開催しました!

2017.11.13

お知らせ

10月28日,京都移住を応援する団体「京都移住計画」と京都のまち歩きツアーを開催している「まいまい京都」,京都市がタッグを組み,移住者訪問ツアーを行いました。
今回で3回目,はじめての京都駅周辺編,移住者を巡るツアーです。当日は,雨の中定員の15名の方にご参加いただきました。みんなで傘やカッパ着用で,京都駅を出発しました。


今回のルートは,全約2.8km。京都駅集合→ 小林芳三商店(レンタルスペース)→宗徳寺→SOSAKKYOTO(シェアアトリエ)→ 梅小路公園→西喜商店(八百屋)→KYOCAで解散となります。
京都駅周辺といってもなかなかなじみのない人も多いエリアなのではないでしょうか。



先ずは七条通り沿いのキッチンレンタルスペース「小林芳三商店」で,オーナーの小林さんからお話をお聞きしました。
かつて粉もの屋さんを営まれていた京町家をリノベーションされたそう。大通り(七条通)に面していて,手前に2階建ての町家,奥に広いお庭,さらに奥にハナレがあります。かつて食に関わる商いをされていたこともあり,真ん中にキッチンを設え,食を囲みながらイベントやホームパーティ,宿泊が楽しめるスペースになっています。昔から親族や地域の人々が集う場だったことを受け継いでいて,今も様々な人の交流を生み出す場として最適!




そのあと,歩いている途中で「人間供養」の文字が。宗徳寺というお寺が気になってのぞいてみます。写真には写っていませんが,和洋を問わず様々な人形が出迎えてくれました。




そのあとは,線路沿いのシェアアトリエ「SOSAKKYOTO」へ。線路沿いに建つ木造アパートという特性を生かし,音の出せるシェアアトリエとして生まれ変わりました。運営の岸本さんからリノベーションの説明を聞きながら,

古くも新しい,珍しい空間を体験しました。




SOSAKKYOTOをあとにし,高架下をくくれば梅小路公園。あいにくの天気でしたが,長年のイベント「やんちゃフェスタ」が開催されるなど,ファミリーを中心に賑わっていました。

 

梅小路公園の七条側から出て,最後の目的地は八百屋さん「西喜商店」。
京都へUターンした「セガレ」が,こだわりの旬の野菜を買い付け販売しています。大企業を辞めて実家を継いだ時のお話,実際京都に帰ってきてから家族とどんな生活をされているか,そして,旬の果物や野菜の話まで,店先でたくさんお話をお伺いできました。お土産を買って帰る姿も。


ここで一旦解散とし,希望の方と一緒に,食をコンセプトにしたリノベーションビル「KYOCA」でランチ。さらにフランクな相談タイムと相成りました。

 

最後にお答えいただいたアンケートでも,「知らなかった面白い場所を知れてよかった」「これからこのエリアを探検してみたい」など,満足度の高い回答をいただけました。

あいにくの天気でしたが,皆さん楽しんで知らなかった京都を楽しんでいただけました。

 

ページの先頭へ