京都暮らし方(カタ)ログ

 

  • 歴史・文化を楽しむ

PEOPLE

とし恵美(えみ)さん

宮川町 舞妓

京都歴 : 3年
出身地 : 東京都

4人きょうだいの次女。小学3年生の時にヒップホップとジャズダンスに出合い、表現することの楽しさに目覚める。舞妓になった現在も、踊りが一番好き。休日には近隣のおしゃれなカフェや、路地裏のかわいい雑貨屋をめぐっている。

八坂の塔

石畳の坂道と和風建築群、そして五重塔を見上げる京都を代表する美景の一つ。五重塔は飛鳥時代に聖徳太子が創建したと伝わる古刹・法観寺の境内に建ち、「八坂の塔」の通称で親しまれています。昔から変わらない風景のように見えますが、実は無電柱化事業や景観条例など美しいまちなみを守るための様々な努力に支えられている風景です。

心に響く風景が
まちなかにあります

大好きな時代劇の世界が広がるまち

小さい頃から時代劇が大好きで、おきものとか日本髪に憧れていたんどすけど、中学の修学旅行で京都に寄せてもろた時に初めて、舞妓さんの存在を知りました。見た瞬間「これや!」と思って、将来の夢が決まり、中学を卒業した2014年の初夏、舞妓さんになるために京都へやってきたんどす。住んでみて、やっぱりこのまちは素敵やと思いました。特に東山には、清水寺や八坂神社があって、ほんまに京都らしい光景が広がっています。八坂の塔を望む景色はいつ見ても心に響いて、ここを通るたびに、京都は大好きな時代劇の世界が広がっているまちやなぁと思います。

京都の人はみんなあたたかい

伝統と文化をみんなで守っています

芸妓さんや舞妓さんがいる「花街」も、京都のまちなかにあって、うちらは日々、舞やお囃子、お三味線といった日本の伝統伎芸を学び、お稽古に励んでいます。うちらだけやのうて、大先輩のお姉さん方も、お家元も、お師匠さん方も、「まだまだや」とお稽古をされている姿を間近で見て、ほんまに芸には終わりがないなと思います。伝統文化は人の手で守られ、うちもその伝統を守っていく一人なんやということを実感しています。

(2017年11月インタビュー)

 

ページの先頭へ