10月1日,京都移住を応援する団体「京都移住計画」が定期開催している交流イベント「京都移住茶論」が京都駅近くのKYOCAで行われました。今回で30回目の開催,テーマは「京都の食の小商い」と題し,Uターンし跡継ぎした3名のトークセッションを行いました。



トークセッションのゲストは,佃煮店「津乃吉」の吉田大輔さん,タルトタタン屋「ラヴァチュール」の若林麻耶さん,そして移住計画メンバーでもある八百屋「西喜商店」の近藤貴馬さん(モデレーターも兼ねていただいています)に御登壇いただきました。まずは,自己紹介。(プロフィールは記事の下を参照)



3人のトークセッションでは,①継いだきっかけ,②継ぐときの壁,③継いだ時の困りごと,という3つのテーマで話してもらいました。

きっかけとしては,皆さんから涙ぐましい濃厚なエピソードが。若林さんから「流れ」に身を任せたというキーワードが登場しました。

 継ぐときの壁では,親族に反対されたり,3人ともお父さんとの確執があったという共通項,そして乗り越えたという感覚よりその延長で今も続いているという話。決して良いことばかりでなく,むしろ苦労の絶えないリアルな話を中心に語られました。



困りごととしては,休めないということ。休めないというより休みたくない,店にいたいという気持ちから,大病にならないか心配という困りごとがあると,吉田さんから話がありました。自分の見れる範囲内にするのか,人を雇って規模を大きくするのか,規模の設定が大事だという話は,跡継ぎのみならずどの仕事にも言えることかもしれません。



トークセッションの後はお待ちかねのお食事タイム。「津乃吉」さんのちりめん山椒入りポテトサラダ,贅沢煮を使ったポークソテー。ナスやネギなどの野菜は「西喜商店」に,デザートは「ラヴァチュール」さんのタルトタタン。とゲストの食材と移住計画の料理担当との見事なコラボレーション。



参加者も,心もお腹も満たされた会となりました。

今回は,「食の跡継ぎ」というテーマが絞った内容でしたが,家業を跡継ぎ予定の方には大変参考になったと,またそうでない方からも,「小商いの良さ,難しさが具体的かつ実感値高く理解できた」「人を雇うという大変さが分かった」と感想をいただきました。

また,さまざまな内容での開催を予定していますので,どうぞお楽しみに!



移住のことを考えるときに切っても切り離せない「住」と「職」のテーマ。

今回は、京都市がどのような地域なのかのご紹介とともに、京都市で「持続可能な社会」に向けてビジネスをされている企業4社をご紹介させていただき、「移住・転職」を考えるイベントでを開催します。

ものづくりや観光産業が注目される京都市ですが、実は全国に先駆けソーシャル・イノベーションを推進する取組を行っています。

社会課題の解決に挑戦する未来への良い変化を作り出していくことで、過度の効率性や競争原理とは異なる価値観を、日本はもとより、世界にも広めていくことを目指し京都市が掲げる「ソーシャルイノベーションクラスター構想」

その実現に向けて活動をする京都市ソーシャルイノベーション研究所(以 下:SILK)と、京都市移住サポートセンター、京都移住計画の三者と、SILKが応 援する「これからの1000年を紡ぐ企業」として認定された社会的企業のうち4社 (㈱和える,㈱坂ノ途中,IKEUCHI ORGANIC㈱,㈱フラットエージェンシー)と で,「これからの働き方や暮らし方」を共に考える新感覚の「移住・転職」のイ ベントを開催します。

通常の転職イベントとは異なり、転職中の方のみに限らず、これまでの働き方や暮らし方を見直したい方、「持続可能な社会」への関心をお持ちの方などもご参加頂ける場となります。

京都が、日本が、世界が、これからの1000年を紡いく為に、近江商人の売り手よし・買い手よし・世間よしの “三方よし“に「未来よし」を加えた「四方よし」を描くそれぞれの企業の取り組みを、一人でも多くの方に知ってもらう機会を通じて、働き方や暮らし方しいては、生きる場所を見つめ直す時間にしていきます。

■日時:9月23日(土)14:00〜17:00(受付13:30)
■場所:The Fleming House
■定員:60名(事前申し込み)
■参加費:1,000円
■出展企業:「これからの 1000 年を紡ぐ企業」(追加の可能性があります)
((株)和える,(株)坂ノ途中,IKEUCHI ORGANIC(株),(株)フラットエージェンシー)
■お申込み(以下URLより正式申込み下さい)
http://peatix.com/event/295657/view
※facebookの参加だけではお申込み受付となりません。


■イベントの流れ
○ 京都移住計画の取組,SILKによるソーシャルビジネス支援の紹介

○ 「これからの 1000 年を紡ぐ企業」トークセッション
京都でソーシャルビジネスに取り組みやすい理由や,ソーシャルビジネスに携わる 魅力について、
実体験を交えながら「京都で働き,暮らす」魅力をお伝えします。

○ 「これからの 1000 年を紡ぐ企業」企業別説明会(グループワーク)
企業別にグループに分かれて企業理念や取組,求人情報などを各企業からご紹介します。

■タイムテーブル
14:00〜移住計画の取組,SILKのソーシャルビジネス支援取組紹介
14:20〜トークセッション
15:00〜企業別の説明会
16:00〜懇親会,名刺交換など
16:40〜各種告知
17:00 閉会

■こんな方におすすめ
・ソーシャルビジネスに関心がある方
・将来的にソーシャルビジネスで起業してみたい方
・自分を大事にした働き方をしたい方
・現在、転職活動中の方、転職を検討している方
・働き方などを見つめ直したい方
・京都への移住をこれから考えていきたい方

______________________________
■出展企業のご紹介

◎株式会社和える
https://a-eru.co.jp/


○ 事業概要
主な事業として「0から6歳の伝統ブランドaeru」を展開しています。全国の職人とともに、日本の伝統産業の技術や先人の智慧を活かした、オリジナルの赤ちゃん・子ども向け日用品(衣類・食器・玩具等)を作り出しています。子どものときから、大人になっても使い続けられる・受け継がれるものづくりを心がけています。伝統を次世代につなぐための、新たな切り口での事業も始まっています
______________________________

◎株式会社坂ノ途中
http://www.on-the-slope.com/


○ 事業概要
2009年7月設立。環境負荷の小さな農業に挑戦する新規就農者や若手農家と提携し、農薬・化学肥料不使用で栽培された農産物の販売を行っています。農地条件などの影響により少量不安定になりがちな、しかし品質の高い農産物を販売する仕組みを作ることで、新規就農者を増やすことを目指します。2012年からはウガンダにて有機農業普及事業を、2013年からは京都にて自社農場の運営をスタートさせています。
______________________________

◎IKEUCHI ORGANIC株式会社
https://www.ikeuchi.org/


○ 事業概要
1953年愛媛県今治市にて創業したタオルメーカー。100%風力発電での操業を行い、国連グローバル・コンパクトの「WindMade」認証を日本企業として初めて取得するなど、再生可能エネルギーの普及にも注力しています。2014年3月に、社名をIKEUCHI ORGANICに変更。トータルオーガニックテキスタイルカンパニーとしての新たな一歩を踏み出しました。
______________________________

◎株式会社フラットエージェンシー
http://flat-a.co.jp/


○ 事業概要
安心・安全、豊かで楽しい暮らしを提供することを使命とし、単なる不動産会社ではなく、まちづくりやコミュニティ形成をとおした創造的な住空間づくりに取り組んでいます。まちづくりに貢献できる企業を目指し8つの事業所にて90名のスタッフが、京町家の再生、リノベーション、地域活性等に励んでいます。
______________________________

■お申込み(以下URLより正式申込み下さい)
http://peatix.com/event/295657/view
※facebookの参加だけではお申込み受付となりません。

■共催(その他お問い合わせ先)
・京都市移住サポートセンター
・京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)
・京都移住計画

 

 

京都ジョブパークのUIJターンコーナーにて,スカイプなどのWEB相談が開始しました。

詳細 https://kyoto-ui.jp/info/detail/iid/26

東京の移住コンシェルジュ窓口でタブレットを使うか,自分のタブレットで予約
すれば,京都のジョブパークの相談員に就職相談できるというしくみです。

東京にいながら可能な数少ない相談手段ですので,就職相談をされたい方は是非ご活用ください。

※京都ジョブパークは,他都道府県在住で京都府内の事業所で働きたい方および 京都府北部で働きたい方のUIJターン就職を全て無料で支援しています。

ページの先頭へ