10月1日,京都移住を応援する団体「京都移住計画」が定期開催している交流イベント「京都移住茶論」が京都駅近くのKYOCAで行われました。今回で30回目の開催,テーマは「京都の食の小商い」と題し,Uターンし跡継ぎした3名のトークセッションを行いました。



トークセッションのゲストは,佃煮店「津乃吉」の吉田大輔さん,タルトタタン屋「ラヴァチュール」の若林麻耶さん,そして移住計画メンバーでもある八百屋「西喜商店」の近藤貴馬さん(モデレーターも兼ねていただいています)に御登壇いただきました。まずは,自己紹介。(プロフィールは記事の下を参照)



3人のトークセッションでは,①継いだきっかけ,②継ぐときの壁,③継いだ時の困りごと,という3つのテーマで話してもらいました。

きっかけとしては,皆さんから涙ぐましい濃厚なエピソードが。若林さんから「流れ」に身を任せたというキーワードが登場しました。

 継ぐときの壁では,親族に反対されたり,3人ともお父さんとの確執があったという共通項,そして乗り越えたという感覚よりその延長で今も続いているという話。決して良いことばかりでなく,むしろ苦労の絶えないリアルな話を中心に語られました。



困りごととしては,休めないということ。休めないというより休みたくない,店にいたいという気持ちから,大病にならないか心配という困りごとがあると,吉田さんから話がありました。自分の見れる範囲内にするのか,人を雇って規模を大きくするのか,規模の設定が大事だという話は,跡継ぎのみならずどの仕事にも言えることかもしれません。



トークセッションの後はお待ちかねのお食事タイム。「津乃吉」さんのちりめん山椒入りポテトサラダ,贅沢煮を使ったポークソテー。ナスやネギなどの野菜は「西喜商店」に,デザートは「ラヴァチュール」さんのタルトタタン。とゲストの食材と移住計画の料理担当との見事なコラボレーション。



参加者も,心もお腹も満たされた会となりました。

今回は,「食の跡継ぎ」というテーマが絞った内容でしたが,家業を跡継ぎ予定の方には大変参考になったと,またそうでない方からも,「小商いの良さ,難しさが具体的かつ実感値高く理解できた」「人を雇うという大変さが分かった」と感想をいただきました。

また,さまざまな内容での開催を予定していますので,どうぞお楽しみに!



移住のことを考えるときに切っても切り離せない「住」と「職」のテーマ。

今回は、京都市がどのような地域なのかのご紹介とともに、京都市で「持続可能な社会」に向けてビジネスをされている企業4社をご紹介させていただき、「移住・転職」を考えるイベントでを開催します。

ものづくりや観光産業が注目される京都市ですが、実は全国に先駆けソーシャル・イノベーションを推進する取組を行っています。

社会課題の解決に挑戦する未来への良い変化を作り出していくことで、過度の効率性や競争原理とは異なる価値観を、日本はもとより、世界にも広めていくことを目指し京都市が掲げる「ソーシャルイノベーションクラスター構想」

その実現に向けて活動をする京都市ソーシャルイノベーション研究所(以 下:SILK)と、京都市移住サポートセンター、京都移住計画の三者と、SILKが応 援する「これからの1000年を紡ぐ企業」として認定された社会的企業のうち4社 (㈱和える,㈱坂ノ途中,IKEUCHI ORGANIC㈱,㈱フラットエージェンシー)と で,「これからの働き方や暮らし方」を共に考える新感覚の「移住・転職」のイ ベントを開催します。

通常の転職イベントとは異なり、転職中の方のみに限らず、これまでの働き方や暮らし方を見直したい方、「持続可能な社会」への関心をお持ちの方などもご参加頂ける場となります。

京都が、日本が、世界が、これからの1000年を紡いく為に、近江商人の売り手よし・買い手よし・世間よしの “三方よし“に「未来よし」を加えた「四方よし」を描くそれぞれの企業の取り組みを、一人でも多くの方に知ってもらう機会を通じて、働き方や暮らし方しいては、生きる場所を見つめ直す時間にしていきます。

■日時:9月23日(土)14:00〜17:00(受付13:30)
■場所:The Fleming House
■定員:60名(事前申し込み)
■参加費:1,000円
■出展企業:「これからの 1000 年を紡ぐ企業」(追加の可能性があります)
((株)和える,(株)坂ノ途中,IKEUCHI ORGANIC(株),(株)フラットエージェンシー)
■お申込み(以下URLより正式申込み下さい)
http://peatix.com/event/295657/view
※facebookの参加だけではお申込み受付となりません。


■イベントの流れ
○ 京都移住計画の取組,SILKによるソーシャルビジネス支援の紹介

○ 「これからの 1000 年を紡ぐ企業」トークセッション
京都でソーシャルビジネスに取り組みやすい理由や,ソーシャルビジネスに携わる 魅力について、
実体験を交えながら「京都で働き,暮らす」魅力をお伝えします。

○ 「これからの 1000 年を紡ぐ企業」企業別説明会(グループワーク)
企業別にグループに分かれて企業理念や取組,求人情報などを各企業からご紹介します。

■タイムテーブル
14:00〜移住計画の取組,SILKのソーシャルビジネス支援取組紹介
14:20〜トークセッション
15:00〜企業別の説明会
16:00〜懇親会,名刺交換など
16:40〜各種告知
17:00 閉会

■こんな方におすすめ
・ソーシャルビジネスに関心がある方
・将来的にソーシャルビジネスで起業してみたい方
・自分を大事にした働き方をしたい方
・現在、転職活動中の方、転職を検討している方
・働き方などを見つめ直したい方
・京都への移住をこれから考えていきたい方

______________________________
■出展企業のご紹介

◎株式会社和える
https://a-eru.co.jp/


○ 事業概要
主な事業として「0から6歳の伝統ブランドaeru」を展開しています。全国の職人とともに、日本の伝統産業の技術や先人の智慧を活かした、オリジナルの赤ちゃん・子ども向け日用品(衣類・食器・玩具等)を作り出しています。子どものときから、大人になっても使い続けられる・受け継がれるものづくりを心がけています。伝統を次世代につなぐための、新たな切り口での事業も始まっています
______________________________

◎株式会社坂ノ途中
http://www.on-the-slope.com/


○ 事業概要
2009年7月設立。環境負荷の小さな農業に挑戦する新規就農者や若手農家と提携し、農薬・化学肥料不使用で栽培された農産物の販売を行っています。農地条件などの影響により少量不安定になりがちな、しかし品質の高い農産物を販売する仕組みを作ることで、新規就農者を増やすことを目指します。2012年からはウガンダにて有機農業普及事業を、2013年からは京都にて自社農場の運営をスタートさせています。
______________________________

◎IKEUCHI ORGANIC株式会社
https://www.ikeuchi.org/


○ 事業概要
1953年愛媛県今治市にて創業したタオルメーカー。100%風力発電での操業を行い、国連グローバル・コンパクトの「WindMade」認証を日本企業として初めて取得するなど、再生可能エネルギーの普及にも注力しています。2014年3月に、社名をIKEUCHI ORGANICに変更。トータルオーガニックテキスタイルカンパニーとしての新たな一歩を踏み出しました。
______________________________

◎株式会社フラットエージェンシー
http://flat-a.co.jp/


○ 事業概要
安心・安全、豊かで楽しい暮らしを提供することを使命とし、単なる不動産会社ではなく、まちづくりやコミュニティ形成をとおした創造的な住空間づくりに取り組んでいます。まちづくりに貢献できる企業を目指し8つの事業所にて90名のスタッフが、京町家の再生、リノベーション、地域活性等に励んでいます。
______________________________

■お申込み(以下URLより正式申込み下さい)
http://peatix.com/event/295657/view
※facebookの参加だけではお申込み受付となりません。

■共催(その他お問い合わせ先)
・京都市移住サポートセンター
・京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)
・京都移住計画

 

 

京都ジョブパークのUIJターンコーナーにて,スカイプなどのWEB相談が開始しました。

詳細 https://kyoto-ui.jp/info/detail/iid/26

東京の移住コンシェルジュ窓口でタブレットを使うか,自分のタブレットで予約
すれば,京都のジョブパークの相談員に就職相談できるというしくみです。

東京にいながら可能な数少ない相談手段ですので,就職相談をされたい方は是非ご活用ください。

※京都ジョブパークは,他都道府県在住で京都府内の事業所で働きたい方および 京都府北部で働きたい方のUIJターン就職を全て無料で支援しています。

京都市内の里山で暮らす次世代のライフスタイルをまとめた「KYOTO SATOYAMA LIFE」を発行!

平安京の碁盤の目は京都市域のほんの一部分、実は4分の3は森林なのです。

そこは、京都の市街地までほど近く、都会派スローライフが実現する自然溢れる里山。

<悠久の歴史>と<豊かな自然>に同時に包まれる、ここにしかない里山ライフを是非御覧ください!

http://cocoronosousei.com/staging/wp-content/themes/cocoronosousei/download/201705_satoyamalife.pdf

 

 

京都市北部山間地域にご関心がある方はコチラもどうぞ!

http://cocoronosousei.com/slowlife/

今年度も,現に居住者又は利用者がいない空き家を,京都市外から移住する方の住まいとして活用する場合,改修工事や家財の撤去にかかる費用の一部を補助します。(特定目的活用支援タイプ)

 

京都市では,空き家の活用や流通を促進するとともに,まちづくり活動拠点など,地域の活性化等に寄与する活用を支援するべく,「京都市空き家活用・流通支援等補助金」という制度を実施しています。

補助金には,活用・流通促進タイプと特定目的活用支援タイプの2種類があり,補助額も建物の状況に応じて変わるので,詳細はこちらをご参照下さい。

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000167423.html

 

移住者にも利用しやすい制度となっています。

空き家を借りて住まいにしたい,お店を開きたい等という方は,ぜひご注目下さい。

 

改修前

改修後

わたしたちが大切にしたい「日本伝統の美意識や価値観、奥深い文化」。

その背景にあるのは「日本の豊かな自然と人との共生」です。

京都では、季節の移ろいを分かりやすく表した「二十四節気」によって、豊かな自然を暮らしに織り込み、共に生きる「暮らしの文化」を培ってきました。

このページでは、「二十四節気」をご紹介すると共に、華道未生流笹岡家元笹岡隆甫さんのインタビューや京都の24の美しい季節の動画などをご案内しています。

是非御覧ください!! http://cocoronosousei.com/nijyuusisekki/

 

この度、Facebookページ『京都市移住サポートセンター「住むなら京都」』を開設しました!

https://www.facebook.com/sumunara.miyako/

 

今後はFacebookページでもお知らせやイベント情報を配信していきます!

その他、京都での生活に役立つ情報や、

京都市での暮らしの雰囲気が知れるような内容もお伝えしていければと思います。

 

Facebookページ「住むなら京都」もよろしくお願いいたします!

 

平成29年度の京都市職員採用に関するご案内です!

 

3月から就職活動が始まるニュースを目にされた方も多いかと思いますが、

京都市でも平成29年度の京都市職員採用に関して、新卒の学生の方向けのガイダンスや試験日程が公開されております!

またUIJターンの方にぜひともご覧いただきたい民間企業等職務経験者向けの枠もあります!

 

民間企業等職務経験者向けの案内は10月以降の配布となりますが、

受付期間と第1次試験日はすでに案内されておりますので、スケジュールを予め確認しておいていただければと思います。

詳しくは、下記の京都市職員採用専用ホームページからご覧ください。

 

■京都市職員採用専用ホームページ

http://www.city-kyoto-saiyou.jp/

 

■京都市職員採用案内パンフレット(リンク先でPDFでご覧いただけます)

http://www.city-kyoto-saiyou.jp/exam/exampanflet/

 

 

「奥京都花背 空き家めぐりツアー」

日時:2017年2月26日(日) 13:00~16:00

募集人数:3~5組程度

参加方法:※要予約 2月25日〆切 申し込みはこちら http://www.kokoima.org/magazine

参加費:無料

集合場所:花背農協前

集合時間:13:00

プログラム:13:00 集合

          移住候補空き家見学

      15:00 移住相談会

      16:00 解散

アクセス:京都バス32系統 往) 10:00発「出町柳駅前」→10:13「北大路駅前」→11:25「花背農協前」

             復) 17:56発「花背農協前」

     ※自家用車でお越しの場合は駐車場あります。

      積雪の場合、チェーンやスノータイヤが必要になります。

     ※現地集合、現地解散

主催:ココイマプロジェクト 協力:OKU京都ねと 後援:左京北部山間地域自治連絡協議会

本件に関するお問い合わせは

左京区役所地域力推進室まちづくり推進担当 075-702-1029

 

2017年2月4日(土)~3月5日(日)に東京で開催される「京あるきin東京2017 恋する京都ウィークス」

そのメインイベントの1つとして開催される「日本のまち、魅力再発見!~移住・観光フェア~」に参加します!

 

当日は講演会やパネルディスカッションのほか、

全国11自治体による移住・観光の相談やセミナーが同時開催されます。

また,京都からは東京駅八重洲口のアンテナショップ「京都館」が今回の会場に特別出店し京都の物産販売も行います!

 

kyoaruki2017-1kyoaruki2017-2

 

「日本のまち、魅力再発見!~移住・観光フェア~」

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/event/kyoaruki2017/

日時:2017年2月25日(土) 10:00~18:00

定員:第1部・第2部ともに150名 ※事前申込制(応募者多数の場合は抽選)

会場:大和ハウス東京ビル 2階ホール

   東京都千代田区飯田橋三丁目13番1号

 

■講演会・パネルディスカッション■ ※事前申込必要

 第1部 13:00~14:00(定員150名)

 「Discover Japan」が見た 日本のまちの、それぞれの魅力

 第2部 14:30~16:30(定員150名)

  暮らすように楽しむ京都の魅力

  ●パネルディスカッション ニッポン、我がまち、暮らすような楽しみ方

申込はこちら【応募締切】2017年2月10日(金) http://dhms.jp/enq/kyoaruki2017

 

■セミナー■ ※入場無料・予約不要

時間:10:00~14:30(予定)

■個別相談・資料展示コーナー・住まいに関する個別相談■  ※入場無料・予約不要

時間:10:00~18:00(予定)

■物産販売■ ※入場無料・予約不要

時間:10:00~18:00(予定)

※詳細は決まり次第更新いたします

 

お問い合わせ 大和ハウス工業株式会社 東京本社 マンション事業推進部「京あるきin東京2017」担当

 電話:03-5214-2143 営業時間:9時~18時 ※土日祝休

※好評につき応募者多数のため、お申し込みは締め切りとなっております。

 ご了承ください。

 

2017年1月14日(土)に東京で開催されるイベントに京都市も右京区京北から参加します!

その他京都府下の自治体が参加予定。

 

みんなの「KYOTO」を語らナイト@東京

〜京都や東京で活躍中の自治体職員や団体とつながる〜

http://concierge.kyoto-iju.com/too/event/minnanokyoto

design-6

日時:2017年1月14日(土) 18:00~21:00(受付開始 17:30~)

会場:the C「C-Lounge」

   http://www.the-c.tokyo/index.html

   ※都営地下鉄新宿線「小川町」駅 徒歩4分
   ※JR各線「神田」駅 徒歩7分
   ※東京メトロ各線「大手町」駅 徒歩8分

定員:30名程度 ※申込み必要

参加費:1,000円(軽食・ドリンク代として)

申込み::※下記フォームよりお申込下さい。
https://formcreator.jp/answer.php?key=xGeXiqrkSg6AVOF0vA2kuw%3D%3D

詳しい内容はこちら

http://concierge.kyoto-iju.com/too/event/minnanokyoto

 

主催:京都府、京の田舎ぐらし・ふるさとセンター、京都移住コンシェルジュ
協力:福知山市、南丹市、亀岡市、京都市、TEAM旦波、丹後バル
企画運営:京都移住計画

この度,京都市では,空き家の需要の更なる喚起を目指し,京都への移住を検討されている方などを対象とした空き家活用と移住を促進するイベントを下記のとおり実施しますので,お知らせします。

 

 

 

『京都市「空き家活用×移住促進」イベント~リノベーションで始める京都暮らしin東京~』

 

日時:2016年12月18日 (日) 13:40~15:30 (受付:13:30~)

会場:渋谷 並木橋OLDHAUS http://oldhaus.jp/

   東京都渋谷区東1-26-32 <JR渋谷駅より徒歩5分>

   ※御来場は公共交通機関を御利用ください。

対象:京都市への移住を検討されている方など

参加費:無料

定員:40名(事前申込制,先着順)

 

申込方法:電話又は京都移住計画のホームページからお申込みください。

     お申込みの際は,催し名,氏名,電話番号,同伴者数をお伝えください。

     申込期間 2016年11月30日(水) ~ 2016年12月14日(水) 

     申込先    京都市まち再生・創造推進室又は京都移住計画

          電 話 075-222-3503(まち再生・創造推進室)

          ホームページ(下記アドレスの送信フォームを御利用ください。)

           http://peatix.com/event/218165/published

 

 

内容:○岸本 千佳氏(※)による講演会

    講演テーマ:京都における空き家活用の提案

   ○参加者同士による移住後の住居のあり方や仕事・暮らしのアイデア交換会

   ○京都市の空き家活用に関する施策の案内

 

※イベントに関する詳しい内容はこちら

【広報資料】京都市「空き家活用×移住促進」イベント~リノベーションで始める京都暮らしin東京~について

 

※本件に関するお問い合わせ

 京都市都市計画局(まち再生・創造推進室 電話:222-3503)

12月3日(土)に京都駅から徒歩6分ほどの好アクセスな会場で、 京都の暮らしが体感できる「箱庭」イベントを開催します!

イベントは途中入退場も可能ですので、京都の暮らしを体感してみたい方はぜひお気軽にご来場ください!

 

「くらしの箱庭」

日時: 2016年12月3日(土) 11:00-16:00(途中入退場可)

会場: 小林芳三商店 (http://yoshizoshoten.com/

    〒600-8310 京都市下京区 七条通新町西入夷之町703

    (京都駅から徒歩6分ほど)

    駐輪場はございませんので、お近くの駐輪場をご利用下さい。

入場料:500円(お土産付き)

詳細: 「くらしの箱庭」ホームページ http://kyoto-iju.com/hakoniwa

14993533_1150092248438114_8654899745645719005_n

 

京都に移り住む人の応援をする「京都移住計画」×手仕事を通して暮らしに彩りを添える「おけいこマルシェ」!

食べ物やお酒、手仕事の体験から、移住者によるリレートークなど、

京都市での暮らしを体感できるイベントが盛りだくさんです!

 

○●○マルシェ出店者○●○

西喜商店(https://nishikisyouten.storeinfo.jp/) ~~~野菜販売 

aurora sweet(オーロラスイート)(http://aurorasweet.seesaa.net/) ~~~焼き菓子と紅茶販売 

IWASHI COFFEE ~~~コーヒー販売

ポルボロン ~~~ごはん

VEGESUSHI ~~~野菜寿司

万願寺まつり実行委員会 ~~~万願寺串カツ

KYOTO DRINK BAR by 京都移住計画メンバー ~~~ドリンクブース

※各出展者さまの詳しい内容は上記イベントホームページをご覧ください!

 

○●○おけいこ○●○(参加には事前にお申し込みが必要です!)

クリスマスモビールと、ハギレでブローチ作りby FUYUNIRE

コースター(クリスマスカード仕立てサービス) by FUYUNIRE

羊毛フェルトの食べられない「おにぎり」作り♪ by Pianao

かわいい糸を使って、自分だけのタッセル作り by ちゃい琳

木版画 手摺りで年賀状を作ろう by 三浦茂樹

クリスマスツリーの和菓子を作ろう by 窓菓(そか)

基本の「剣つまみ」で、わたし色のヘアピン作り by 草日月

ときめき吐血雑貨「hellchocolate」(物販のみ)

※各おけいこの詳しい内容とお申し込みは上記イベントホームページをご確認ください!

 

○●○Talk Show○●○

午前の部:11時30分〜12時00分@中庭奥のはなれ

トークセッション:「移住と小商いの可能性」

京都移住計画 求人担当  田村篤史

京都移住計画 不動産担当 岸本千佳

※『京都移住計画』『もし、京都が東京だったらMAP』も販売

 

午後の部:15時00分〜16時00分@中庭奥のはなれ

リレートーク:小商い実践者のいまとこれから

移住と小商いの実践者の声を15分毎にリレートークでお届けします。

・西喜商店 近藤貴馬(東京からUターン)

・カフェ ポルボロン 公文咲希(福岡からIターン)

・VEGE SUSHI 中川けいた(東京からIターン)

※順番などは予告なく変更する可能性がございますので、ご了承下さい。

 

○●○交流会&宿泊プラン○●○

遠くからご参加希望の方でせっかくなのでゆっくり京都を楽しみたい方、観光シーズンで宿泊が難しい!なんて思ってる方に朗報です!

今回はイベント後に交流会&宿泊プランをご用意しました。

こちらも詳細・お申込みはイベントホームページをご覧ください!

http://kyoto-iju.com/hakoniwa

イベント(11時~16時 途中入退場可)と交流会(18時から)以外の時間は自由時間です。

翌日12/4(日)(チェックアウト10時)も京都の観光を楽しんでいただけます!

 

 

主催:京都移住計画 http://kyoto-iju.com/

共催:京都市

 10月16日(日)、山手線田町駅徒歩10分にある、開放的でクリエイティブな空間「SHIBAURA HOUSE」さんで、「京都移住茶論イン東京」を開催しました。今回は、「いつかは京都で暮らしたい」を応援する「京都移住計画」さん、東京から京都への移住を考える「東京からできること会議」の皆さんと、京都市のコラボにより開催!!

 

 京都で夢を実現したい約40名の参加者さんと京都移住について考えました。

 

win_20161016_14_03_44_pro

 

 「みんなで、移り住むための計画をしよう!」

 

 まずは、参加者同士、軽く自己紹介。アイスブレイクの後、京都移住計画の田村さんから、地元に帰りやすい社会を目指し、「面白い仕事も場所も人も、皆で探してシェアしよう!」、と移住のススメや京都移住計画さんの取組をお聴きしました。

 

 そして、「もやもや」期⇒「いつかは」期⇒「準備開始」期⇒「現地で行動」期などなど、移住のステップを教えていただき、参加者同士それぞれが、今どの検討段階にいるのか、再確認。

 

win_20161016_13_52_45_prowin_20161016_13_59_00_pro

 

 皆さんが、今の検討段階を確認したところで、本日1人目のゲスト松田明日香さんにご登場いただきました。

 

 「満員電車」や「食べ物」、東京での違和感を突き詰めて考える。

 検討は半年。帰りたい。という「強い意思」と「勢い」

 

 松田さんは京都市内の大学を卒業後、東京の会社で、転職サイトのマーケターとして、自分磨きのため、激しい業務に邁進。そのうち、コンビニ中心の食生活に疑問が・・・。そこで「自分で野菜を育ててみよう!」と週末農業を始め、それが転職・移住を考えるきっかけになりました。

 

 同時に、離れて初めて気づいたのが京都の良さ。「田舎すぎない、都会すぎない、独自性に惹かれた」のでした。 

 

win_20161016_14_21_36_prowin_20161016_14_26_41_pro

 

 移住を決意すると、いざ仕事探し!しかし、東京と同じような求人が京都にはなく、かといって起業も難しい。そこで松田さんは「すでに起業している人の“右腕”」となって東京でスキルを活かせないかと考え、現在の会社「坂ノ途中」と出会われたのです。今は、新規就農者がつくるお野菜のEC販促などをご担当されています。

 

 東京でのお仕事で培われた「自分資産」に「住みたい京都で求められること」をかけ合わせれば、「0→1」は難しくても「1→10」なら可能となることを教えていただきました。

 

  また、今の暮らしで感じる京都の魅力は、京都には「京都が好きで、選んで京都にいる人が多い」、「新しいものを受け入れてくれる風土」、「面白い人がぎゅっと集まっている」、「ふらっと入れる素敵な店が多い」などなど。

 

 最後に、ご自身の経験を振り返り、「大切なのは自分が“どういう生き方をしたいか”を忙しい中でも考え続けること」と、アドバイスをいただきました。

 

win_20161016_14_21_49_prowin_20161016_14_33_49_pro

 

 「東京や大阪で働きながら京都で暮らすという選択」

 「京都では子どもの幸せを長期的に考えて暮らしている。」

 

 次に、本日2人目のゲスト入谷佐知さんにご登場いただきました。入谷さんは千葉県のご出身。大好きな東京で、大学に行ったり、働いたり、結婚生活をしたりされていました。

 

 しかし、お子さんの「保育園が見つからない」、部屋が狭い、勤務地から遠いという課題が・・・。そこで、「どこかに引越ししてもいいねぇ」と夫さんとの妄想話が始まったのだとか。そんなある日、夫さんが、「大好きな会社が京都の烏丸に支社を出す。転職したい!」と。そうして、京都への移住検討が始まったのでした。

 

win_20161016_14_58_37_prowin_20161016_15_05_00_pro

 

 すでに京都移住している知り合いから、移住者に合いそうな地域やイメージなどの情報をゲット。候補地を左京区に絞って何度も足を運び、区役所で保育園情報などを入手されました。その過程で不安な点や疑問がある点などは、夫さんと共に対話や情報交換をしながら、具体的に移住へ向けたステップを踏んでいかれたそうです。

 

 移住後は、地域や保育園の保護者会に積極的に参加しネットワークづくり。また、ご両親が近くに居られないことから、ファミリーサポートやシルバー人材センター、病時保育施設やご近所さんなど、頼めるところをつくって、「どんどん頼む」を実践されました。

 

 一方、お仕事。当初はブランド経営コンサルタントを、師匠に就いてご自宅で東京と京都の遠隔仕事にチャレンジ。1人仕事に疲れてくると「518桃李庵」というスペースを友人のツテで間借りしてお仕事。その中で、広報や実務経験にすごくニーズがあることに気づいたのだとか。

 

 そして、現在は、通信・定時制高校に通う高校生を支援する大阪のNPO法人D×Pで資金調達やマーケティング・広報を担当されています。通勤は大阪まで1時間と少しかかるけど、最寄りが始発駅ということもあって、いつも座れて快適なのだそう。 

 

win_20161016_15_11_19_pro

 

 最後に、移住に当たって大切にされたことを3点。1つ目は「自分で自分の人生のハンドルを握る」ことと「あとは成り行きに任せる」ことのバランス。2つ目は夫婦・家族・親戚との丁寧な対話。3つ目は、地域の人たちとのゆるやかな対話と積極的なコミット。自分との、家族との、そして地域の皆さんとの、関係を大切に思う、とても重要な視点を教わりました。

 

 「移住するための準備」というテーマを深める時間と場

 

 その後、参加者の皆さんに印象深いキーワードと感想を付せんに書いてもらい、2グループに分かれて、ワークショップをしていただきました。

 

「お金だけではない、暮らしの豊かさに気づいた。」

「なかなか自分が目指す仕事が見つからないから、まずは住んで探すことにした。」

「求人を出していなくても、人のつながりの中で、門を開いている企業もある。」

「ライフステージによって価値観は変わる。長い目で見て感じることが必要。」

 

などなど、京都への熱い思いや移住の進め方について様々な意見が交わされました。

 

win_20161016_15_51_08_prowin_20161016_15_45_02_pro

 

 そして最後に、京都の老舗パン屋 「志津屋(SIZUYA)」さんのカルネと京都北山のスペシャリティコーヒー専門ショップ「サーカスコーヒー」さんのアイスコーヒーをいただきながら交流タイム。参加者の皆さんで、「移住するための準備」をする者同士、自己紹介や連絡先の交換など、つながりを育む場となりました。

 

win_20161016_16_12_41_prowin_20161016_16_12_47_pro

 

 参加者の皆さん,お疲れ様でした。京都移住の実現,ガンバってください!応援します!!

 

 また,企画から運営までご尽力いただいた,「京都移住計画」の田村さん,「東京からできること会議」のメンバーの皆さん,お疲れ様でした。ありがとうございました♪

 10月2日(日),住民がガイドになる「まいまい京都」さんと、「いつかは京都で暮らしたい」を応援する「京都移住計画」さん、京都市のコラボレーションによって、移住者訪問ツアーを行いました。

 当日は、絶好のツアー日和のもと、「京都に移住したい!」、「もっと京都を知りたい!」という方など、15名の皆さんに参加いただきました。

%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4

 

 午後2時に地下鉄九条駅に集合。まずはじめに、学生寮をリノベートして生まれたホテル&アパートメント「Hotel Anteroom Kyoto」さんを訪問。アートギャラリーやコンセプト型の宿泊ルームやレストランなどを見学させて頂きながら、ガイドの京都移住計画の田村さんから、「移住する人にとってシェアの暮らしはハードルが下がる一つの手段」ということを教えていただきました。

%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4

 

 次は、野菜提案企業「株式会社 坂ノ途中 」さんの小さな八百屋「Soil」を訪問。東京からJターンされた社員さんの体験談や、普段はなかなか出会わない個性豊かなお野菜も教えていただき、この機会を逃さずお買い物も。

%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4

 

 そして、最後は、アメリカ、カナダ、イギリスから京都に移住された3人組が起業したクラフトビール会社「京都醸造株式会社 Kyoto Brewing Company」さんへ。ビールの作り方や、本物にこだわる京都に惹かれて起業、移住されたお話しを伺い、そのあと、ツアーの皆さんみんなで、おいしいクラフトビールをいただきました。(午後5時ごろ解散)

%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4%e5%89%b5%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e6%94%af%e6%8f%b4%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a4

 

 訪問先の皆さま、ガイドさん、それぞれのお話が新しい刺激となり、「実際に移住された方の話が聴けて良かった。」「観光では分からない新しい京都を知ることが出来た。」といった声や、「参加者同士の交流も楽しかった。」といった声など、ツアーの皆さんにとても楽しんでいただけた午後となりました。

 ありがとうございました♪

 

ページの先頭へ