京都市の地方創生「まち・ひと・しごと・こころの京都創生」ホームページ 住むなら京都 情報サイト
0120453385
文字のサイズ 文字サイズ:中 文字サイズ:大
新着情報 お知らせ 市長メッセージ 京都市における地方創生の取組 京都のまち・くらし 魅力紹介 関係者との意見交換 まちづくり・お宝バンク リンク
市長メッセージ
トップページ > 市長メッセージ
市長メッセージ
たんすの肥やし ~京の美意識,こころの創生〜
 無駄,不要を意味する「たんすの肥やし」。でも京都では…たんすに大切にしまった美しいきものを眺めるだけで,美意識を育む肥やしになる。受け継いだきものを見て母を想い,感謝の気持ちを心の肥やしにする。そんな意味で使われてきたとも。
 人口減少社会を迎え,今,全国で地方創生-まち・ひと・しごと創生の取組が進められています。京都市では,日本伝統の美意識や価値観,暮らしの哲学,精神的な豊かさ,家族や地域の絆など,「こころの創生」も大切に,多くの皆様と共に京都ならではの地方創生に取り組んでまいります。
京都市長 門川大作
人口減少社会への挑戦
 今,我が国は,そして世界でもヨーロッパやアジアなどの国々が,「かつて経験したことのない困難な人口減少社会」という深刻な課題に直面しています。
 人口減少は京都にとっても非常に重大な問題ですが,「かつて経験したことのない」という点に関しては,京都は例外であります。京都は,明治維新で都の地位を失った際に,人口が3分の2に激減するという厳しい人口減少の危機に直面しました。その時に,私たちの先人は「まちづくりは人づくりから」と,全国に先駆けて番組小学校を創設され,市民ぐるみでの子どもの育成をはじめ,教育,産業振興,都市の活性化,文化振興,農業振興,女性の活躍促進など,今日の地方創生を先取りするような,50年後,100年後を見据えた先進的・挑戦的な取組を重ねました。そして,大きな危機を克服し,今日の京都の発展の礎を築かれたのです。
 そして今日,京都市では,人口減少が国レベルで大きく取り上げられる以前から,市の基本計画である「はばたけ未来へ! 京プラン」の下,人口減少に挑戦し,独自の子育て支援や経済活性化・雇用創出をはじめ,多様かつきめ細やかな施策を進めてきました。さらに,京都から「東京一極集中」の打破に向けて,文化,景観,観光,ものづくり,大学のまちなど,京都の都市特性を活かした施策を積極的に展開し,首都圏と異なる価値観の魅力あるまちづくりを進めてきたところです。
 こうした取組により,現時点の京都市の人口減少は「はばたけ未来へ! 京プラン」策定時の人口推計と比べて一定の歯止めがかかっています。しかし,依然として厳しい状況にあることには変わりがありません。引き続き市民の皆様と共に人口減少社会の課題解決に全力で挑むと同時に,国全体の地方創生実現のために京都ならではの役割を果たしてまいります。
こころの創生
 私は,国の取組の柱とされている「まち」「ひと」「しごと」の創生に加えて,人々の夢や希望,誇り,生き方の哲学,暮らしの美学,精神的豊かさ,家族や地域の絆など,社会を支える土台となる「こころの創生」が重要であると考えています。
 「人口の過疎」「地方の消滅」はもちろん大きな課題ですが,同時に伝統文化や伝統産業に象徴される“美意識,価値観”,“心の豊かさ,奥深い精神性”などが失われる「こころの過疎」「日本のこころの消滅」も,我が国にとって極めて重要な課題です。
 この課題に対し,日本のこころのふるさと・京都が果たし得る役割は大きいと私は確信しています,伝統文化,伝統産業,芸術,学術,おもてなしの心など,有形・無形の日本文化の拠点として,これから我が国の「こころの創生」の中核を担う取組を積極的に進めてまいります。
京都市「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」本部
(事務局 総合企画局総合政策室創生戦略担当)
住所 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
TEL 075-222-3978
FAX 075-212-2902
© 京都市まち・ひと・しごと・こころ京都創生本部 All Rights Reserved.